自動車保険

自動車保険はもらい事故でも示談交渉してくれる?等級はどうなる?

更新日:

  • もらい事故の場合でも、保険会社は示談交渉をしてくれるのか?
  • もらい事故の場合自動車保険の等級は下がるのか?
  • 自動車保険の弁護士特約に入っていないともらい事故の時に示談交渉してくれない?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自動車保険ともらい事故について詳しく説明してきます。

1.もらい事故の時に自動車保険会社は示談交渉を行ってくれるのか?

もらい事故の場合は自動車保険会社は示談交渉を行うことはできません。

もらい事故の場合、保険会社が損害賠償をする必要がないため、極端な話部外者となります。

弁護士法代72条によって、事故に関係のない保険会社が加入者の代わりに相手と交渉を行うことができないようになっています。

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

もらい事故に当てはまる事故とは

  • 信号待ちをしているときに後ろから追突された
  • センターラインをオーバーしてきた車と追突した
  • 横断歩道を歩行中に信号無視の車に引かれた

などの過失の割合が「相手:自分=10:0」のような事故の場合です。

この場合は、100%相手側に補償してもらえます。

・もらい事故の時に示談交渉をしたもらいたいなら弁護士特約を付ける

もらい事故の場合は特に交渉をする必要が特にないのですが、場合によっては相手がごねることもあります。

もしくは何らかのいちゃもんをつけてくる可能性も0ではありません。

スムーズに示談交渉をまとめるためには、弁護士に依頼をするというのがおすすめです。

自動車保険に弁護士特約を付けているのであれば、弁護士に示談交渉を任せることができます。

交通事故を起こした後の示談交渉が面倒な場合には、弁護士に頼むようにしましょう。

2.もらい事故で車両保険を使うと等級は下がるのか?

もらい事故の時に相手側が任意保険に加入していないと、車の修理代を払ってもらえない可能性があります。

自賠責保険の場合は対物賠償保険がないので、ものに対しては自腹で支払うことになります。

それだけのお金を加害者が持っていればいいのですが、財産に余裕がない場合にはすぐに支払ってもらうことができません。

自分の車の修理代が貯金で何とかできない場合には、自分が入っている任意保険の車両保険を使う必要が出てきます。

この場合でも車両保険を使うと、等級が下がってしまいます。

 

しかし「車両無過失事故に関する特約」がついている場合には、もらい事故の場合で車両保険を使って等級が下がらない仕組みになっています。

車両無過失事故に関する特約は一部の保険会社のみとなっているので、一度確認してみることをお勧めします。

もらい事故の時に車両保険を使うかどうかは、等級が下がることも考慮しつつ判断しましょう。

80%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

とりあえず無料一括査定を受けてみるならこちら

-自動車保険

Copyright© カートル , 2019 All Rights Reserved.