車買い替え

車買い替えで前の車と同じナンバープレートにできる?

更新日:

車 買い替え ナンバープレート

  • 新しく買った車にそのままのナンバープレートを付けることはできるのか?
  • 車を買い換えで同じナンバープレートにする方法は?
  • 車を買い換えたとき希望するナンバープレートを手に入れる方法は?
  • 今まで使っていたナンバープレートはどうなるの?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車買い替え時のナンバープレートについて詳しく説明していきます。

1.車買い替え時に前の車と同じナンバープレートを使えるのか?

ナンバープレートは一つの車の個性なので、車を買い替えてもナンバープレートにこだわりたいという人は多いです。

車を買い換えた時に前の車と全く同じナンバープレートを使うことはできるのでしょうか?

 

結論から言いますと、同じナンバープレートを使うことはできません。

車を売却するときには昔の車のナンバープレートと一緒に車買取業者に渡すことになります。

車を廃車にする場合でも、原則としてナンバープレートは返却しなければいけません。

2017年4月3日からはナンバープレートを記念にもらえるようになりましたが、その場合には破壊措置が必要です。

同じナンバープレートを別の車に付けることは認められていません。

廃車 ナンバープレート
廃車のナンバープレートを記念に残す方法を分かりやすく解説!

廃車にする車のナンバープレートを記念に欲しい場合、手に入れることはできる? ナンバープレート紛失してしまった車を廃車にする方法は? 廃車時にナンバープレートは返却しないのはありなのか? 廃車時のナンバ ...

続きを見る

 

このように全く同じナンバープレートを用意することはできません。

ナンバープレートにはいろいろな意味がありますが、同じナンバープレートにできない理由としては車両の特定に使われることがあるからです。

事故や犯罪が起こった時に警察がその車の所有者を特定するためにナンバープレートが使われます

もし仮に分類番号やひらがなや4桁の数字のすべてが全く同じナンバープレートがあった場合、所有者を特定することができません。

そうならないようにナンバープレートは唯一のものになっています。

・そのままのナンバープレートは使えないけれど、同じナンバーなら可能!

ただナンバープレートで多くの人が気にするのは「4桁の数字」部分です。

ナンバープレートの4桁の数字であれば以前の車と同じにすることはできます。

希望ナンバーを申請することで、4桁の数字は選ぶことができるようになっています。

新しい車でも以前と同じ数字にしたいのであれば、希望ナンバーを申請しましょう。

2.車買い替え時に希望するナンバープレートを手に入れる方法は?

希望するナンバープレートを手に入れるためには「陸運支局」または「インターネット」による手続き方法があります。

陸運支局は平日の昼間しかやっていないので、今はインターネットを使って希望ナンバーを手に入れる人が多いですね。

 

インターネットによる申し込みの場合は「一般社団法人 全国自動車標板協議会」が運営している「希望番号申し込みサービス」から行ってください。

必要事項を入力するときに車の情報が必要になるので、手元に車検証を用意しておくとスムーズに入力ができます。

希望ナンバーを取得するときの大まかな流れとしては

  1. 個人情報や車両情報の入力
  2. 必要な交付手数料の支払い
  3. 入金チェック後、希望番号予約済み証の受領
  4. 陸運局にて登録手続き

という流れになっています。

人気のある希望ナンバーの場合は、抽選によって取得できるかどうかが決まってきます。

もし仮に抽選に落ちたとしても、何度でも再抽選に申し込むことができるので、希望のナンバーが手に入るまで繰り返し申し込みましょう。

・希望ナンバーを手に入れるのにかかる費用と日数とは?

希望ナンバープレートは受注生産となっているので、手に入れるのには少し費用と時間がかかります。

ナンバープレートにはペイント式と字光式の2つがありそれそれで料金は変わってきます。

  • ペイント式(一般的なナンバープレート):4000円前後
  • 字光式(字が光るナンバープレート):5000~6000円前後

※地域によって多少値段が異なります。

一連番号と言ってナンバーの番号を選ばないときに比べると2000~3000円程度高くなります。

また一連番号の場合はすぐにナンバープレートを渡してもらえますが、希望ナンバーの場合は入金してから4~5日程度かかります。

・希望ナンバーが人気の場合は抽選に!

例えば、1、7、8、777、888などのゾロ目は人気が高く申し込めば必ず手に入るものではありません。

人気のナンバーは抽選となっています。

毎週月曜日に抽選が行われ当選した場合に料金を支払って作ってもらうことができます。

ただ仮に抽選に落選した場合でも、再抽選の申し込みを行うことができます。

なので、希望のナンバーが手に入るまで何度も再抽選に申し込むことができます。

 

インターネットでの手続きなら再度必要事項を入力する必要もないので楽に再抽選に挑むことができます。

ちなみに申し込みは無料なので、余計な費用がかかる心配もありません。

あくまで費用がかかるのは、当選してナンバープレートを発行してもらうときにかかる費用のみとなっています。

・車の購入店で代行してもらえる

希望ナンバーの申請が面倒くさいという場合には、ディーラーなどの購入店で手続きを代行してもらうことができます。

ディーラーなどで車を購入するときには「ナンバーをどうするのか?」をよく聞かれます。

そのままお願いすれば代行を依頼することができます。

 

ただこの場合代行手数料が取られるので注意してください。

金額は販売店によって異なりますが、3000円~5000円程度です。

ナンバープレートの取得に必要な経費と合わせて1万円前後となっています。

代行を依頼しなければ代行手数料を取られないので、少しでも節約したい人は自分で取得することをお勧めします。

ちなみに車購入時にうまく交渉すれば、手数料を無料でやってもらうこともできますよ。

手数料の部分は意外とカットしてもらえるので積極的に交渉してみましょう。

3.車買い替え時にナンバープレートを取っておくことはできる?

ナンバープレートを車に乗った思い出として残しておきたいという人は結構います。

その場合に昔の車のナンバープレートを取り外して家に飾っておくことはできるのでしょうか?

結論を言いますと、ナンバープレートを記念にとっておくことは可能です。

ナンバープレートを手元に取っておきたい場合には、その車を一時抹消登録もしくは永久抹消登録の手続きを行う必要があります。

車を廃車にする場合には、永久抹消の手続きをすればいいのですが、車を売却する場合には一時抹消登録を行ってから売却をしてください。

普通に車を売却すると車両と一緒にナンバープレートを引き渡す必要があるため。

詳しいやり方についてはこちらの記事で解説しています。

廃車 ナンバープレート
廃車のナンバープレートを記念に残す方法を分かりやすく解説!

廃車にする車のナンバープレートを記念に欲しい場合、手に入れることはできる? ナンバープレート紛失してしまった車を廃車にする方法は? 廃車時にナンバープレートは返却しないのはありなのか? 廃車時のナンバ ...

続きを見る

・一時抹消登録をした車の査定額は下がる

ナンパープレートを手元に残すことは可能ですが、その車を売却するときには査定額が下がります。

というのも一時抹消登録をしていると車検なしの車と判断されるからです。

車検がないと「車検の条件をクリアできていない車なのでは?」と普通以上に厳しく査定されることもあります。

よほど記念に残したい場合でない限り、ナンバープレートは付けて売ることをおすすめします。

80%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

とりあえず無料一括査定を受けてみるならこちら

-車買い替え

Copyright© カートル , 2019 All Rights Reserved.