中古車について

車を購入した時納車まで代車を無料で借りる2つの方法を紹介!

更新日:

  • 車を購入した場合、納車まで代車を無料で借りることはできるのでしょうか?
  • 中古車販売店から代車を借りられない場合はどうすればいい?
  • 車の買い替えで代車を借りるときの注意点とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では中古車購入時の代車について詳しく説明していきます。

1.車を購入したとき代車を無料で借りれるのか?

車を購入したとき、今乗っている車を売却する予定があり、納車されるまで代車を借りたいという人は多いと思います。

納車日に車の買い替えができればいいのですが、そううまく都合がつかない場合もありますよね。

さっさと今の車を売却して、車の売却代金を中古車の購入費用に充てたいという人もいるかと思います。

そんな場合、販売店から代車を無料で借りることはできるのでしょうか?

 

結論を言いますと、代車は無料で借りることができます。

ディーラーや大手の中古車販売店であれば、たいていの場合、代車が用意してあるのでそれを無料で借りることができます。

代車の数には限りがあるので、事前に代車を借りることができるのかを聞いておくことをお勧めします。

ただあくまで代車の無料貸し出しは義務ではなく、サービスの一環としてあるだけです。

そのため中小の中古車販売店の中には、代車の貸し出しを行っていないところもあります。

代車を絶対に借りたいという場合には、契約をする前に確認してください。

もし良質な中古車を探しているならこちらのサービスがおすすめです。

どんな車があるか調べるならこちらから

2.中古車販売店から代車を借りられない時の対処方法とは?

・車買取業者から代車を無料で貸してもらう

車を買い換える場合に限られますが、車買取業者に車を売った場合には、車買取業者で代車を借りることが可能です。

車買取業者としては、できる限り早く買取契約を結びたいという意思があります。

中古車市場は時期によって値段が変わるので、査定をした車の値段が下がる前に、車を買い取って販売したいと思っているのです。

ただ車の売り手としては、車がなくなると困るので、売り渋りをすることもあります。

そういった悩みを解決するために、車買取業者も代車を用意していることが多いです。

もし中古車販売店から代車を借りることができないようであれば、車買取業者に代車を貸してもらうようにしましょう。

ただすべての車買取業者で代車サービスを行っているわけではないので、事前に代車を借りられるか確認してください。

・レンタカーを利用する

中古車販売店からも、車買取業者からも代車が借りられないということはめったにないと思います。

しかし、もし代車が借りられないようであれば、レンタカーを利用するしかありません。

長期間レンタルすれば割引がありますが、その分トータルのレンタル料が高くなります。

できる限りレンタカーを利用する期間が短くなるように、車の買い替えを行うようにしましょう。

3.中古車販売店から代車を借りるときの注意点!

・車検証や自賠責保険証は車の中に置いてあるかをチェック!

車検証や自賠責保険証は、公道を走る場合に必ず所持していなければいけないものです。

道路運送車両法第66条第1項により車検証の携帯義務があります。

自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

引用:道路運送車両法

万が一、車検証が不携帯の場合、50万円以下の罰金となります。

 

自動車損害賠償保障法第8条により自賠責保険証の携帯義務があります。

自動車は、自動車損害賠償責任保険証明書(前条第二項の規定により変更についての記入を受けなければならないものにあつては、その記入を受けた自動車損害賠償責任保険証明書。次条において同じ。)を備え付けなければ、運行の用に供してはならない。

引用:自動車損害賠償保障法

万が一、自賠責保険証を不携帯の場合、30万円以下の罰金となります。

 

仮に代車の中に車検証や自賠責保険証が入っていない場合でも、それは車の運転手に責任があることになります。

運転手に車検証と自賠責保険証の確認責任があるので、代車を借りるときにはしっかりとチェックをしてください。

・長期間代車を借りるのは難しい

車を買い換えるときに代車を借りるときの注意点としては、あまりに長い期間は無料で貸し出してくれないということです。

人気の新車を購入した場合、納車まで半年かかるってことはありますよね。

さすがに半年もの間、代車を無料で貸りるのは難しいです。

長くても2か月程度となります。

 

そのため納車のタイミングにある程度合わせて車を売却する必要があります。

基本的に車の売却契約を結んだら車は1週間以内に引き渡す必要があります。

そのつもりで新しい車の納車のタイミングに合わせて、車を売却するようにしましょう。

・車の買い替え時に昔の車の売却代金を頭金に使う場合は要注意!

特に気を付けたいのは車の売却代金を頭金に使う場合です。

頭金をいつ入金すればいいかは、販売店によって違いますが、少なくとも納車よりも前に入金する必要があります。

そうなると今乗っている車は必ず納車よりも前に売却しなければなりません。

納車が半年も先なのにもう売ってしまったなんてことにならないように、日程の調整を忘れないようにしましょう。

・買取業者に車を売ったら1週間以内に引き渡し

「車を売却してしまったら次の車の納車まで車がなくなる」ということってありますよね。

納車のタイミングで売却した車を引き渡せればいいのですが、そう都合よくタイミングが合わないことのほうがいいと思います。

 

中には、車の買い替えで「こちらにとって、都合のいいタイミングで車を引き渡せばいい」と思うかもしれません。

しかし、買取業者に車を売る場合は、契約後1週間以内に車を引き渡すのが基本です。

ディーラーの下取りと大きく違うのはこの点ですね。

ディーラーでの下取りであれば、納車まで今の車を乗り続けることができます。

この点に関しては下取りが有利ですが、それでも車買取業者のほうが10万円以上も高く買い取ってくれることが多いので、買取業者に売りたいですよね。

そのため車買取業者に車を売却する場合は、売却してから新しい車が納車されるまでの間車をどうするのかをあらかじめ考えておく必要があります。

80%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

とりあえず無料一括査定を受けてみるならこちら

-中古車について

Copyright© カートル , 2019 All Rights Reserved.